バーチャルオフィスを上手く使おう

>

メリットとデメリットを把握しよう

お安く一等地にオフィスを構える

ビジネスを起こし、展開していくにあたって、会社の所在地は必須情報であるとともにブランディングには重要な要素のうちの一つです。企業間取引を行う場合、相手先にとって所在地が都心の一等地で会った場合はかなり好印象となることでしょう。
信頼性にもつながるものなので、都心一等地にオフィスを構えたいという人は多くの起業家が感じているものです。
ですが、実際に都心にオフィスを構えるとなると、初期費用は膨大なものとなります。バーチャルオフィスは、敷金や保証金、賃料といった初期費用はばっさりとカットすることができます。レンタルと比べても安く、数千円から数万円で借りることができます。

都心の一等地の住所を借りることができるので、バーチャルオフィスで一等地の住所をコストをかけずに会社の所在地として置くことができるのがメリットです。

デメリットをおさえておこう

大きなメリットとともに、大きなデメリットも存在します。
様々な会社がこのサービスを利用しているため、会社住所が被ることがあります。検索した際に、違う会社が複数ヒットし、逆に信頼性が欠ける要因になってしまうことになります。

また、住所の実態がないために起こるデメリットが複数あります。
取引においてひっかかるのが法人銀行口座の開設のハードルがあがることです。
バーチャルオフィスは詐欺に使われることも多いために銀行による登記住所のチェックは厳しくなっています。誤解しないでほしいのは、口座開設がまったく不可能というわけではありません。ですが、少し頭に入れておきましょう。

口座と同様に、事業において創業融資が受けられないこともあります。この融資を当てにしている場合は注意しておきましょう。
古物商など事業許認可が必要な事業においては、許認可が下りない場合がなくもないです。


この記事をシェアする
B!