バーチャルオフィスを上手く使おう

>

バーチャルオフィスの使い方

バーチャルオフィス利用の際に注意すること

メリットもデメリットも把握した上で、バーチャルオフィスを実際に借りようかという場合は、サービス提供業者の特徴を見て選ぶ必要があります。
業者によって、専業でしている場合や電話代行と秘書代行だけ行っている場合などさまざまですので、確認がいります。
電話代行サービスには、応対をしてくれるものと転送してくれるところとがあります。あらかじめ決めた番号への転送ならば問題はありませんが、電話応対の場合は費用が別途必要になる場合がほとんどです。また対応が良くなくてクレームの元となることもありますのでまず確認しておくべきところです。

また会社の登記する際にバーチャルオフィスの住所を使うことができるかも確認してください。だいたいが会社登記に問題のないバーチャルオフィスですが、だめなところもあります。


バーチャルオフィスが向いている人とは

デメリットも多い点が気になりますが、バーチャルオフィスが適している人にとっては最高のサービスです。
利用者で多いのが、自宅で仕事をしている人です。
プライバシー保護を考えると自宅住所公開は憚られるので、バーチャルオフィスを利用することが多くなります。マンションが自宅の場合は法人登記ができない場合がありますので登記のためにバーチャルオフィスを利用する人もいます。

またビジネスの規模があまり大きくなく、融資の予定がない・企業間取引もそんなにはないといった人にとっても信用性をはかられることがあまりないために、バーチャルオフィスが最適です。一人あるいは少人数で会社をしていきたいという人に向いているといえますね。


この記事をシェアする
B!